• 社会貢献の取り組みトピックス

2017年04月03日

「花王グループ社員ボランティア 東日本大震災復興支援活動報告会」を開催

花王では、「震災をいつまでも忘れない」という思いのもと、毎年3月に、社員に向けて、東北の食材を集めた復興応援市や、現地の復興リーダーをお招きした講演会など、“東北のいま”に触れあう機会をつくってまいりました。
今年は、3月8日(水)、花王本社で、「花王グループ社員ボランティア 東日本大震災復興支援活動報告会」を開催し、グループ社員など95名が参加しました。
花王では、社員が東北に関わるということを大事にしながら、復興支援を行なってきました。今回は、これまでの6年間に行なってきた花王グループ社員によるボランティア活動に焦点をあて、そこでの社員の気づきや学びを共有する会を開きました。また、当日は特別ゲストとして、東北から、支援先であり東北の復興リーダーでもある方々にお越しいただき、社員との交流を通じたお話や企業に期待することについてもお話をいただきました。

「支援」から「共に学び合い、新たな価値を生み出す」場へ

当日は、2012年より、社員が仮設住宅を訪問して、住民の方と交流を図る「スマイルとうほくプロジェクト」をはじめ、小野花匠園での「南三陸町農業ボランティア」や石巻市の一般社団法人りぷらすが行なう「地域の住民が住民を支え合う高齢者の健康づくり活動」への研究知見を生かした連携など、3つの活動をパネルディスカッションやプレゼンテーション形式でご紹介しました。
いずれも、支援を行なう目的で自ら手をあげた社員たちが、実際に活動を行なうと、気づきや学びがとても多く、仕事をする上でも非常に参考になったという意見が多く共有され、自分の目で見て、体験し、つながることの重要性を再認識する会となりました。

今後も花王では、「東北の皆さまに寄り添う心のケア」や「復興に取り組むリーダーの支援」を中心に、社員が東北とつながる活動を行なってまいります。

小西博之氏によるスペシャル講演会

活動報告に耳を傾けるグループ社員たち。

花王ソフィーナ肌診断コーナーの様子

社員ボランティア活動をパネルや映像で紹介。

※花王グループ社員が関わる2016年の社会貢献活動の動画がご覧いただけます。

Page Top