若手芸術家育成支援

東京音楽コンクール

花王では、東京文化会館が2003年に設立した、日本の音楽界の将来を担う人材を発掘・育成する「東京音楽コンクール」を支援しています。このコンクールの特徴は、入賞者の音楽家としての育成にポイントをおいているところです。入賞者に対して、コンクールの翌年度以降5年間、単独でリサイタルを行なう場合は東京文化会館が共催・支援するほか、オーケストラとの共演やコンサート等にソロ演奏家として推薦するなどバックアップを行なっていきます。

第15回本選・受賞者表彰式、優勝者コンサート

2017年8月に、各部門(ピアノ・木管・弦楽)ごとの本選会が行なわれ、9名が受賞しました。終了後、ステージ上で表彰式が開催されました。
また、2018年1月の第15回東京音楽コンクール優勝者・最高位入賞者コンサートでは、各部門の優勝者と最高位入賞者がソリストとしてオーケストラと共演します。

第15回弦楽部門表彰式
(写真提供:東京文化会館 写真:堀田力丸)

第15回東京音楽コンクール優勝者コンサート
(写真提供:東京文化会館 写真:堀田力丸)

K-BALLET YOUTH

花王では、2013年に設立されたK-BALLET YOUTHの公演を支援しています。
K-BALLET YOUTHは、22歳までの若手ダンサーを中心とした、熊川哲也氏を総監督とするジュニア・カンパニーです。次世代の才能あるダンサーの発掘とプロフェッショナル・カンパニーと遜色のない環境での実践の場を提供し、バレエ文化の土壌を豊かなものにするために活動しています。

2017年公演「眠れる森の美女」に特別協賛

花王では、2013年8月に開催された第一回記念公演「白鳥の湖」と2015年4月に開催された第二回公演「トム・ソーヤの冒険」に続き、2017年8月に開催された第3回公演「眠れる森の美女」に特別協賛しました。プロフェッショナルと同じ環境の下で、次世代の芸術家育成に取り組む活動を応援しています。

2017年8月公演「眠れる森の美女」
(写真:言美歩 写真提供:K-BALLET COMPANY)

Page Top