• 環境・安全への取り組みトピックス

2017年12月27日

環境展示会「エコプロ2017」出展報告

花王は12月7日(木)~9日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催された国内最大級の環境展示会「エコプロ2017」に出展しました。展示会の総来場者数は、160,091人(エコプロ2017事務局公表)となり、花王ブースにおいても、1万人以上のお客さまにご来場いただきました。

多様な来場者でにぎわう花王ブース

多様な来場者でにぎわう花王ブース

今年度は、「“きれい”って、しあわせ。」をキーメッセージに、来場者にとってわかりやすく、心に残るような展示にしました。
「身近なきれい:少しの水で洗えるヒミツ」「街のきれい:こんなところにもエコな技術」
「地球のきれい:ゴミを減らす容器のくふう」の3つのテーマで、来場者の皆さまに、社員との対話や体験を楽しんでいただきながら、花王のエコな取り組みをご紹介しました。

お客さまと社員との対話のようす

「身近なきれい」では、アタックのすすぎ1回の洗浄技術やメリット泡シャンプーのエコにつながる泡の技術、「街のきれい」では、社会を支える、花王のケミカル製品や業務用製品を、「地球のきれい」では、つめかえ・つけかえ容器の歴史と数々のくふうについてご紹介しました。
また、使い終えたものに、技術やさまざまな人の知恵・アイデアを加え、新たな価値を生みだす活動「リサイクリエーション®」*1のコーナーでは、「みんなで未来のまちをつくろう!」をテーマに、つめかえパックをリサイクルしてつくられた再生ブロックによる街づくりを多くの皆さんに体験していただきました。

再生ブロックで街づくりを楽しむ子どもたち

再生ブロックで街づくりを楽しむ子どもたち

また、ブース内でのワークショップ「きれいってなんだろう」では、花王の製品や技術の楽しいデモンストレーションを交え、未来に向けて“きれい”を守ることの大切さを子どもから大人まで、多くの方々といっしょに考えました。

体験しながら楽しく理解できるエコワークショップ

最終日には、ブース内において「第8回花王国際こども環境絵画コンテスト」の表彰式を実施しました。“いっしょにeco”地球大賞、“いっしょにeco”花王賞を受賞した子どもたちを世界各国から日本に招待し、専務の竹内俊昭より表彰盾と副賞をお渡ししました。
なお、今回の出展にあたっては、環境に配慮して、排出される温室効果ガスについて、カーボンオフセット*2を行ないました。

  • * 1 :「リサイクリエーション」は花王の登録商標です。
  • * 2 :展示ブースで排出される温室効果ガスをSDGsに関連付いたGold standardの認証事業「インドネシアにおける水力発電設備の改修・効率化事業」のクレジットによりカーボンオフセットを行ないました。
Page Top