参考資料: 2018年03月15日

  • お知らせ
  • サステナビリティ関連

花王川崎工場が生物多様性に配慮した取り組みで第三者認証(ABINC「いきもの共生事業所」)を取得

花王株式会社(社長・澤田道隆)川崎工場は、生物多様性に配慮した環境保全の取り組みが高く評価され、このたび、一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会(ABINC)*1 の「いきもの共生事業所認証」を取得しました。当社では、2015年の鹿島工場の認証取得(このたび、認証を更新)に続く2例目となります。

ABINC認証は、一般社団法人 企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB)*2 が開発した「いきもの共生事業所推進ガイドライン」に基づき、生物多様性に配慮した緑地づくりや管理・利用などの取り組みを第三者評価・認証する、2014年から始まった認証制度です。

まとまった緑のある、運河沿いの川崎工場の西側の緑地帯

地道な環境保全活動と、詳細な緑地モニタリング調査

川崎工場のある川崎臨海工業地帯は、企業および町内の緑地は極めて少なく、点在している状態です。ある程度まとまった緑地は、浮島町公園、浮島ジャンクションおよび当社川崎工場の3カ所くらいであり、それら緑地を利用する生き物にとって、川崎工場の緑地は重要な役割を果たしているものと推測されます。2000年に近隣地1万坪を購入して第2工場を建設した際、掘削した残土を盛上げ、まとまりある緑地約7千m2 を造成しました。当時の工場長の方針により、15年以上手を入れない自然の状態を維持したことで、今では、樹木は豊かな緑地帯となり高木層、低木層、草木層、高茎草地と低茎草地が混在する“自然の森”を感じさせるまでに成長して、都心の喧噪を忘れる静けさで社員の憩いの場となっています。さらに生物多様性保全の取り組みから、花や実のなる植物を植え、鳥類用に巣箱を設置、また、エコスタック、石積み等の構造物を配置して雨水を利用した野鳥類の水飲み場を提供、間伐材はビートルアパートやイスなどに再利用しています。これらの取り組みの結果、環境を調査する専門会社によるモニタリングを実施したところ、176種の植物、11種の鳥類、56種の昆虫類が確認されました。とりわけ、幼虫時にウマノスズクサ類だけを食草するという珍しいジャコウアゲハの存在と、その食草となるウマノスズクサの植生が確認されたため、それらの繁殖地として保護に力を入れています。このような、地道で総合的な活動が、このたびのABINC認証につながったものと考えます。
今後も専門会社と定期的な調査を行ない、川崎市環境局と協議を重ねながら、さらなる生物多様性の推進活動を行なってまいります。また“自然の森”の見学を通じた環境教育や臨海部多摩川水域の環境保全にも貢献してまいります。

ジャコウアゲハ(本土亜種)

ウマノスズクサの保護エリア

花王は、「生物多様性保全の基本方針」(2011年4月1日策定)に基づき、今後も地域の生物多様性に配慮した工場の取り組みを進めてまいります。

※「いきもの共生事業所」は、一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会の登録商標です。

  • * 1 ABINC(Association for Business Innovation in harmony with Nature and Community)
    一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会
    いきものと人が共生できるしくみを「創造」し、科学的・技術的に「検証」し、「事業化」を推進することを目的とする団体。
  • * 2 JBIB(Japan Business Initiative for Biodiversity)
    一般社団法人 企業と生物多様性イニシアチブ
    多様な企業が情報を共有し、国際的な視点に立って共同で生物多様性の保全に関する研究を進め、真に生物多様性の保全に貢献する取組を進めることを目的とする団体。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042
Page Top