発表資料: 2015年05月07日

花王、中国上海市で化学製品の新工場が竣工

-中国国内で需要が伸長している分野を強化、環境対応の高付加価値製品も生産-

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、本日、中国の金山区精細化工園区(上海市金山区)で建設を進めていた、花王(上海)化工有限公司(董事長・中嶋光敏)の化学品工場の竣工式を同工場内で行ないました。このたびの新工場の完成により、花王グループの中国における化学品の生産拠点は、上海花王化学(上海市閔行(ミンハン)区・1997年5月竣工)、葫芦島錦星鋳造有限公司(遼寧(リョウネイ)省葫芦島(フルダオ)市・2012年12月竣工)とあわせて3カ所となります。新工場の初期投資額は、約50億円です。

この新工場では、シャンプーや洗剤などの日用品の原料として使用される界面活性剤をはじめ、中国で成長著しい自動車、電子材料、精密機械などの関連産業に対して、花王が独自の技術によって開発した高機能な産業用化学製品を製造し、2015年5月より順次市場へ供給を開始してまいります。

また、この新工場は、花王が日本国内で研究・開発を進めている環境技術を活かした環境負荷の少ない製品や、お客さまの事業にとって環境価値向上につながる製品を、中国市場のニーズに合わせて開発していく上での基幹工場としての役割も担っています。

花王グループは、グローバルでの利益ある成長の実現に向けて、『ケミカル事業の強化』を成長戦略のひとつに掲げています。特に、成長著しいアジア市場においては、伸長する需要に対応するため、今後も、ケミカル事業の設備投資を積極的に進め、成長市場でのさらなる事業拡大に努めてまいります。

花王(上海)化工有限公司の概要

社名:花王(上海)化工有限公司(英語名:Kao (Shanghai) Chemical Industries Co., Ltd.)
所在地:上海市金山区
設立:2012年4月
董事長:中嶋光敏/総経理:竹村浩一
出資比率:花王株式会社90%、花王(中国)投資有限公司10%
生産品目:各種産業用の界面活性剤、鋳造用材料など
敷地面積:約83,000m2

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top