参考資料: 2014年09月25日

花王グループ、乳がん早期発見啓発活動 “ピンクリボンキャンペーン”を実施

花王グループは、花王株式会社、花王カスタマーマーケティング株式会社、株式会社カネボウ化粧品、カネボウ化粧品販売株式会社、海外子会社などグループ各社合同の社会貢献活動として、「ピンクリボン月間」の10月を含む、2014年10月1日から11月30日までの2カ月間、乳がんの早期発見の大切さを呼びかける「花王グループ ピンクリボンキャンペーン」を実施します。

乳がんは、日本の女性のがんの中で最も多く、現在、日本では12人に1人が乳がんにかかるとされ、また日本人の乳がん罹患率は増加傾向にあります。一方で、乳がんは早期に発見して治療すれば、90%以上の人が治癒するといわれています。しかし、日本では他の先進国に比べて乳がんの検診受診率が低いのが現状です。

そこで花王グループでは、乳がんの早期発見の大切さをより多くの女性にお伝えするため、2007年から「花王グループ ピンクリボンキャンペーン」を実施しており、活動は今年で8年目を迎えます。このキャンペーンでは、花王ソフィーナやエスト、ならびにカネボウ化粧品の店頭で、美容部員がピンクリボンバッジを着用し、セルフチェックの方法や定期的な検診受診の大切さを伝える啓発用のリーフレットを配布します。海外でも、従来から活動に取り組んでいた中国、香港、台湾の花王ソフィーナの店頭に加え、今年は新たにタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピンのカネボウ化粧品の店頭でも実施されることとなり、活動は海外にも広がっています。

また10月には、花王がiPhone(アイフォーン)向けに開発した、セルフチェックと検診受診をお勧めする無料アプリ“笑顔つながる「ピンクリボンアプリ」”を公開します。毎月のチェック履歴や検診の受診予定などの登録に加え、アラートが届く機能も備えました。このアプリを通じて、乳がんのセルフチェックを日々の習慣に取り入れるきっかけづくりを提案していきます。さらに、期間限定で、アプリでセルフチェックを実施していただいた回数に応じて、花王から乳がん啓発団体へ寄付を行ないます。

花王グループは、今後も、さまざまな活動を通じて、女性たちの「美しく、健康な毎日」が実現できるよう応援してまいります。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

お問い合わせ

株式会社カネボウ化粧品 広報グループ

03-6745-3150

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top