参考資料: 2016年05月11日

<お知らせ>
花王、石巻市で「地域の健康を住民で支えあう健康づくり活動」に参画

~花王・りぷらす・石巻専修大学が産学連携~

花王株式会社(社長・澤田道隆)はこのたび、「地域での継続した健康づくりの実現」という共通テーマのもと、一般社団法人りぷらす(代表理事・橋本大吾、以下りぷらす)、石巻専修大学(人間学部准教授 山内武巳)と協働し、宮城県石巻市において地域高齢者の健康づくり活動に取り組んでまいります。

この活動は、りぷらすが2014年から石巻市で行なっている地域の健康づくり事業「おたからサポーター*1 養成事業」に花王と石巻専修大学が参画し、産学連携で地域高齢者の健康を支えるサポーターの育成支援に取り組むものです。花王は、介護予防や健康促進の担い手となるボランティア向けの勉強会「おたからサポーター養成講座」において、これまで培ってきた高齢者の健康に関わる研究知見や、内臓脂肪測定器や歩行解析システムなどの健康支援ツールを提供します。また、石巻専修大学の施設および地域における健康度要因調査研究の知見を活用し、「地域での継続した健康づくりの実現」に向けた取り組みを進めてまいります。5月12日から開催される第7回目の養成講座から花王が協力し、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドロームについてのセミナーや内臓脂肪測定、歩行解析などの健康チェックをいたします。

このたびの取り組みを通じて、地域住民が介護予防や健康増進を自ら実践し、自分たちの地域の健康は自分たちの健康づくりで支えることをめざします。また、地域の人々の健康を高めることで、要介護者の増加抑制や社会保障費の低減、介護の担い手不足の解消にも寄与することをめざして取り組んでまいります。

花王は、「地域での継続した健康づくりの実現」に向けて、今回の「おたからサポーターの育成支援」による健康づくり活動の効果を検証していきます。今後、このりぷらすの健康づくり活動が、高齢者の健康づくりの先導モデルとして、日本各地域に広がっていくことを期待しています。


*1 おたからサポーター
おたがいからだづくりサポーターの略。健康寿命を延ばすことを目的とし、主体的に健康づくり、コミュニティーづくりのために、仮設住宅や地域の集会場で体操教室を実施する人。


【一般社団法人 りぷらす(宮城県石巻市、代表理事・橋本大吾)】
2013年1月設立。「子どもから高齢者まで病気や障がいの有無にかかわらず地域で健康的に生活し続けることができる社会を創造する」を理念に活動。東日本大震災後、要介護者の増加が著しい石巻市を中心に、高齢者の健康づくりをサポートしています。花王は、東北の産業復興に向けて「みちのく復興事業パートナーズ*2 」に参画し、りぷらすの活動を他企業と連携して支援してまいりました。
http://rilink.is-mine.net/index.html

*2 みちのく復興事業パートナーズ
特定非営利活動法人ETIC.(エティック)によって設立された、被災地の復興に取り組む次世代リーダーを企業のリソースを使って支える企業コンソーシアム。
http://www.kao.com/jp/corp_csr/social_activities_04_19.html


【石巻専修大学(人間学部准教授 山内武巳)】
健康増進や疾病予防に役立てることを目的として、生理学的研究手法を用いた睡眠、自律神経、運動機能に関する研究や疫学的研究手法を用いた地域などの多数集団を対象に健康度を増加させる要因、阻害する要因を明らかにするための調査研究を行なっています。


【花王グループについて】
花王グループは、世界の人々の「豊かな生活文化の実現」と「社会のサステナビリティ(持続可能性)への貢献」を使命としています。社内外と連携して、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドロームなど健康寿命の延伸を阻害する要因の解決に向けた取り組みを進めてまいります。

関連情報