参考資料: 2015年03月03日

東日本大震災復興支援活動における花王グループの取り組み

<お知らせ>
花王グループ、2015年も「スマイルとうほくプロジェクト」に継続協賛

花王グループは、「心のケア」と「自立的復興(産業復興)」を2つの柱として、東日本大震災の復興支援活動を行なっています。「心のケア」の一環として、2015年も引き続き、東北の3つの新聞社(岩手日報社、河北新報社、福島民報社)が主催する「スマイルとうほくプロジェクト」に協賛します。

「スマイルとうほくプロジェクト」は、東北に笑顔を広げ、その笑顔を日本中に届けるというコンセプトのもと、2011年5月にスタートした活動です。

花王グループは、2012年から「スマイルとうほくプロジェクト」に参加し、地元の方々とふれあいながら東北各地に花畑をつくる活動や、全国から集まった応援メッセージを届ける活動を行なってきました。2014年は、「もっと現地に寄りそっていきたい」という想いから、これまでの活動に加え、仮設住宅40ヵ所を訪問し、花植え活動や手洗い体験、ハンドケアなどを通じて、住民の方々と交流を深めてまいりました。本活動には、東北を中心に、全国から約350名の花王グループ社員が参加しました。2015年も引き続き、花畑づくりや仮設住宅の訪問の活動を続けていく予定です。

このたび、プロジェクトへの協賛を継続するにあたり、3月11日の岩手日報、河北新報、福島民報の各紙に、「プロジェクト応援広告」を掲載します。あわせて、3月31日まで、花王本社ビル(東京都中央区)のエントランスに活動を紹介するパネルを展示します。

花王グループは今後も、東北の笑顔に寄りそう活動を続けてまいります。

「スマイルとうほくプロジェクト」について

花王グループの「スマイルとうほくプロジェクト」2014年度の活動(動画あり)
http://www.kao.com/jp/corp_csr/topics/social_activities_20141030_001.html

「スマイルとうほくプロジェクト」のウェブサイト
http://smile-tohoku.jp/



2015年3月11日に岩手日報、河北新報、福島民報に掲載した花王のプロジェクト応援広告 2015年3月11日に岩手日報、河北新報、福島民報に掲載した花王のプロジェクト応援広告

これまでの東日本大震災における花王グループの取り組みについて

※詳しい関連情報については、花王ホームページをご覧ください。
http://www.kao.com/jp/corp/important/20110314_001.html