発表資料: 2013年07月05日

花王インドネシア化学、カラワン工業団地の新工場が竣工

-界面活性剤の生産能力を1.5倍に増強-

花王株式会社(社長・澤田道隆)のインドネシアにおけるケミカル事業の現地法人である、花王インドネシア化学(社長・西尾英之)が、カラワン工業団地(西ジャワ州カラワン県)で建設を進めていた新工場がこのたび完成し、7月5日、現地で竣工式を行ないました。

この工場では、シャンプーや洗剤など日用品の原料に使用する界面活性剤や、産業用化学製品を製造し、2013年8月より順次稼動を開始します。初期投資額は40億円超で、界面活性剤の年産能力は、タンブン(西ジャワ州ブカシ県)にある現工場から移設する既存設備とあわせて、現在の約1.5倍に増強されます。なお、2014年12月末までに、すべての生産を移管し、新工場へ統合する予定です。

花王インドネシア化学は、界面活性剤や産業用化学製品を、アジアや欧米を含めた世界各地に供給する重要な生産拠点としての役割を担っています。このたびの新工場建設により、界面活性剤の生産工場としては、花王グループのなかで最大規模の工場のひとつとなります。

花王グループは、グローバルでの利益ある成長の実現に向けて、中期3カ年計画「K15」を策定し、そのなかで、『ケミカル事業の強化』を成長戦略のひとつに掲げています。特に、成長著しいアジア市場においては、伸長する需要に対応するため、インドネシアのほか、中国、フィリピンでもケミカル工場の新設・増強を進めています。花王グループは今後も、ケミカル事業の設備投資を積極的に進め、成長市場でのさらなる事業拡大に努めてまいります。

花王インドネシア化学 概況

社名:花王インドネシア化学(英語名:PT. Kao Indonesia Chemicals)
設立年:1977年
代表者:社長 西尾 英之
出資比率:花王株式会社95%、その他5%
事業内容:各種界面活性剤、産業用化学製品の製造・販売
新工場の敷地面積:約12万平方メートル
新工場の立地:西ジャワ州カラワン県カラワン工業団地

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。