参考資料: 2011年06月17日

2011年夏期の節電に対する取り組みについてのお知らせ

このたびの東日本大震災において被災されました皆さまには、心からお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

花王グループでは、今夏の電力不足を回避するため、事業活動におけるピーク時間帯の電力使用量の抑制に積極的に取り組み、東京電力・東北電力管内での15%以上の削減をめざします。
また、花王の環境への取り組みである“いっしょにeco”のメッセージをお客さまにお伝えし、家庭における節電のためのさまざまな工夫やヒントもご提案します。


【本社ならびに全国各拠点(工場/オフィス)での対策】
・勤務時間の柔軟対応および休暇取得促進により、営業日においても出社人数を分散抑制し、電力使用にかかる負荷を軽減します。
・空調の設定温度28℃、エレベーターの間引き運転、昼休み消灯等を実施し、ピーク時間帯の節電を徹底します。
・クールビズを1カ月前倒しで5月から実施しており、さらに7月よりスーパークールビズに移行いたします。

【生産工場(契約電力500kw以上)の対応】
・生活必需品を供給するメーカーの使命として、厳しい状況ではありますが、商品の安定供給を果たすべく、自家発電機の有効活用など最大限の努力で対応を行なってまいります。

【お客さまのご家庭における節電の応援】
・ウェブサイトや冊子などさまざまな媒体で商品の使い方を紹介し、家族で簡単に楽しく節電できるヒントをお伝えします。

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

関連情報