発表資料: 2011年06月10日

花王の社会貢献活動

『花王社会起業塾』プログラム 支援対象となる起業家の募集を開始

花王株式会社(社長・尾崎元規)は、2010年より、よりよい社会を次世代へ継承することをめざし、社会の課題をビジネスの手法で解決しようとする社会起業家を支援する『花王社会起業塾』を実施しています。6月10日より、2011年度の支援対象となる起業家の募集を開始します。

『花王社会起業塾』では、豊かな生活文化の実現に向けて、特に家族を取り巻く課題の解決に目を向けている起業家5件を支援します。今年は、従来からの社会的課題の解決をめざす事業に加え、東日本大震災に対応した「復興に貢献する事業」も募集します。プログラムは、すでに事業実績のある起業家による新たなチャレンジを支援するイノベーション部門と、事業開始直前直後の若手起業家を支援するスタートアップ部門とがあり、支援対象となった起業家には、約半年の期間中に専門家や先輩起業家によるアドバイスを受ける機会を提供し、事業を発展させ、もしくは成長軌道にのせるための支援を行ないます。

なお、起業家の募集・選考、合同研修などのプログラム提供は「社会起業塾イニシアティブ」を通じて行ないます。

花王では、このほかに、東日本大震災への復興支援として、文化・芸術を通じて震災被災者を応援しようとする市民活動へ助成を行なう『花王・コミュニティミュージアム・プログラム』も実施し、被災された地域、個人、双方を応援してまいります。


※『花王社会起業塾』は、次代の社会起業家を育成・支援するNPO法人ETIC.(エティック)の活動に賛同し、社会起業塾プログラムを同様に運営する企業・行政によって構成される「社会起業塾イニシアティブ」に参加し、その運営に協力しています。

「社会起業塾イニシアティブ」全体構成

【主催・運営事務局】

NPO法人ETIC.(エティック)
・プログラムの全体のプロデュースと運営事務局を担います。

【オフィシャルパートナー】

NEC、横浜市、花王株式会社
・各団体の社会起業塾を通じて参加者に対するリソースの提供を行ない、あわせて社会起業塾イニシアティブの運営に協力します。

2011年度募集の概要

【対象となる事業】

1.社会的課題の解決を目的に行なわれる事業(法人格の有無や営利・非営利は問いません)
2.社会のリソースを積極的に活用し、社会的インパクトを拡大していくことを志向する事業

【対象となる団体】

1.すでに事業を開始している、もしくは法人化していなくとも、顧客に対して具体的なサービスを実施した実績があること
2.代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳以下程度であること(学生・社会人の区別は問いません)

【募集団体】

11団体(社会起業塾イニシアティブ全体での募集数)

【プログラム実施期間】

2011年9月~2012年3月

【スケジュール】

募集期間:2011年6月10日~7月1日
最終選考会:2011年8月29日

【応募方法】

エントリーシートに記入の上、必要資料を添付して事務局までメールにて送信

【募集に関するお問い合わせ先】

社会起業塾イニシアティブ主催・事務局 NPO法人ETIC.(エティック)
担当:石塚、佐々木
電話:03-5784-2115 FAX:03-5784-2116 
E-Mail:incu@etic.or.jp 
URL:http://www.etic.or.jp/
社会起業塾専用URL:http://www.etic.or.jp/svip/

NPO法人ETIC.(エティック)の概要

1993年、活動を開始。次世代を担う起業家型リーダーの育成・輩出を目的にし、起業家を志す若者に対し、さまざまな実践と成長の機会を提供するNPO。実践型インターンシップや社会事業に挑む若者支援などを実施。また、大学や地方自治体と連携し、プログラムを開発している。年間、約500名の20代の若者にプログラムを提供。現在までに、約200名以上の起業家を輩出。

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

関連情報