発表資料: 2011年03月18日

花王が「World's Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)」に5年連続選定されました

花王株式会社(社長・尾崎元規)は、米国のシンクタンク「Ethisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)」が2011年3月16日(米国時間)に発表した「World's Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)2011」に選定されました。花王は2007年の初回以来、5年連続の選定となります。5年連続の選定は日本の企業では唯一です。

「世界で最も倫理的な企業」とは、企業倫理や企業の社会的責任を専門にする米国のシンクタンク、「Ethisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)」が、2007年から世界の企業を対象に実施し、発表しているもので、「企業倫理と法令順守に関する取り組み」「レピュテーション、リ-ダ-シップ、イノベーション」「CSR関連活動(企業の責任ある活動・市民活動)」「企業統治」における評価で選定されます。今回は過去4回に比べはるかに多くの企業が評価に参加し、最終的に世界で38業種、110社が選定されました。特に、5年連続での選定はグローバル企業の中でもごく少数の企業のみとなっています。 
  
花王では企業行動の原点として、創業者が残した「正道を歩む」という言葉を掲げています。これは法と倫理に則って行動し、誠実で健全な事業活動を行なうことを意味しています。この価値観を日本のみならず各国の特性や事例を踏まえた研修等を通じて、世界各国のグループ社員全員に浸透させています。

3月11日に発生した東北関東大震災において、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興に向け、花王グループとしてできる限りの支援を実施してまいります。


参考 東北関東大震災による被災地への対応について


※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

関連情報