発表資料: 2011年01月21日

“60才から”に多い、強い乾燥を感じる肌に

『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水』
『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム』 新発売

花王株式会社(社長・尾崎元規)は、2011年3月29日、「グレイスソフィーナ」から、今までのうるおいでは物足りないと感じる、主に“60才から”の女性に向けて、『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水』と『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム』を新発売いたします。

『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水』(左)
『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム』(右)

『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水』(左)
『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム』(右)

発売のねらい

50~60代の女性は、化粧品による肌のお手入れを大切に考えており、スキンケア品の購入額がほかの年代よりも高い傾向にあります。さらに、団塊世代が60代にさしかかり、スキンケア市場における50~60代の割合は約半分を占めるまでに拡大しています。また、この年代はくすみ・ハリのなさに加えて、乾燥による深刻な悩みを抱えています。

肌は年齢を重ねるにつれ水分量、皮脂量ともに徐々に減少していきます。特に60代では皮脂量が著しく減少し皮脂膜機能が低下するため、肌を乾燥から守る力が弱まる傾向にあります。(2010年花王調べ)

そこで、今までのうるおいでは物足りないと感じる、主に“60才から”の女性に向けて、うるおい感の高い『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水』と『グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム』を新発売いたします。化粧水はつけるとすぐに肌になじんで角層深くまで浸透し、肌をたっぷりのうるおいで満たします。クリームは肌表面にうるおいの膜をつくり、不足しがちな皮脂のはたらきを補います。商品外箱の説明も、文字を大きく読みやすくすることでユニバーサルデザインを心がけています。

発売日/地域 

2011年3月29日/全国

商品名/内容量/価格

商品名 内容量
グレイスソフィーナ
【医薬部外品】
薬用 濃厚とろみ 化粧水 140ml
薬用 濃厚こく クリーム 40g

※価格はノープリントプライスです。

商品特長

<グレイスソフィーナ 薬用 濃厚とろみ 化粧水>

●うるおい高実感処方 
●つけてすぐ肌になじみ、角層深くまで浸透。たっぷりのうるおいで満たされます。
●濃厚でとろっとした使い心地です。

<グレイスソフィーナ 薬用 濃厚こく クリーム>

●うるおい封じ込め処方 
●肌表面に「うるおいの膜」をつくり、年齢を重ねた肌特有の不足しがちな皮脂のはたらきを補います。
●濃厚でこくがあるのにベタつかない使い心地です。

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。