コンプライアンス/正道を歩む

花王は、企業理念「花王ウェイ」の「基本となる価値観」の中で、創業者が遺した「正道を歩む」という言葉を掲げています。「正道を歩む」とは、法と倫理に則って行動し、誠実で清廉な事業活動を行なうことです。花王は、この言葉をコンプライアンスの原点と位置づけ、すべてのステークホルダーの支持と信頼に応えていくための指針としています。
 
上記「正道を歩む」を日々実践していくために、以下の3つの項目を活動目標として掲げ、花王グループ全体(グローバルベース)で活動を進めています。

(1)「花王 ビジネス コンダクト ガイドライン(BCG)」やコンプライアンス関連規程の制定・改定
(2)法律・倫理違反等の早期発見・早期解決を実現するための通報・相談窓口の整備・運用
(3)社員のBCGに対する理解促進のための教育啓発活動の実施