生産・物流

花王のサプライチェーン・マネジメント(SCM)は、店頭からの「情報の流れ」と、商品開発から販売までの「モノの流れ」をトータルにとらえることで、各部門の全体最適化を図り、安全で安定した商品供給を実現しています。
その中で、コンシューマープロダクツ、ケミカル各事業と調達・生産・物流・販売等の機能とが相互に連携した、独自のサプライチェーンをグローバルに推進することで、より効率的な運営を行なっています。