2017年04月13日 社会貢献の取り組みトピックス

花王ハートポケット倶楽部「2016年度栃木地区地域助成」の贈呈式を実施

花王グループ社員による寄付組織「花王ハートポケット倶楽部」では、花王の事業場がある栃木、和歌山、茨城の3つの地区で、地域の中間支援団体と協働で、地域助成を実施しています。これは、この地域で活動するNPO、NGO、市民団体へ助成を行ない、活動を応援することで、よりよい地域社会づくりへ寄与しようとするものです。

この地域助成の特徴は、助成先の決定では、社員が申請書類を読み、応援したい活動に投票して最終的に決まります。投票を通じて事業場地域の課題を知り、より地域を身近に感じる機会となっています。また、社員は、活動に対して自身の経験と重ねて感じたことや期待していることを、応援メッセージとして投票と共に投稿しています。このメッセージは、投票結果と共にフィードバックしており、社員からの想いと団体をつなぎ、活動の励みとなっています。

栃木地区地域助成を開始してから10年を迎え

栃木地区の地域助成は、認定特定非営利活動法人とちぎボランティアネットワークが運営する「とちぎコミュニティ基金」の冠助成として、2007年に開始してから10年を迎えました。栃木県全域のすべての分野で活動するNPO団体や市民活動団体から、「心温まる活動」「地域で必要とされ、地域に開かれた参加できる活動」を対象に、今まで48件の助成を実施してきました。

2016年度は、2016年9月から募集受付を開始、第一次選考の書類選考と第二次選考の社員投票を経て、6団体への助成が決定し、3月16日には芳賀郡市貝町にある花王栃木事業場において、助成金目録を贈る贈呈式を行ないました。

贈呈式には、2016年度助成決定団体、過去に助成した団体、地域の中間支援団体など28名の皆さまと、花王からは倶楽部の運営委員や会員である社員も参加しました。今回は、目録贈呈以外に、団体による活動紹介や交流会、その後には、事業場内で製造しているベビー用紙おむつの生産ラインの見学を行ない、助成団体と社員が相互に、地域の課題解決に取り組む活動と地域にある企業の事業活動を理解する機会をもちました。

参加された団体からは、「団体と企業それぞれがしっかりと活動を行なうことが、よりよい社会をつくることに繋がると改めて思い、これからも活動を推進していきます。」といった感想が寄せられました。

今後も活動の支援を通じて、花王の事業場がある地域と、よりよい関係を構築してまいります。

2016年度助成先(栃木地区)

<地域助成 栃木地区>
【メイン助成】
特定非営利活動法人 手仕事工房そら そらまめ食堂(芳賀郡益子町)
特定非営利活動法人 チャレンジドコミュニティ(宇都宮市)
特定非営利活動法人 スペシャルオリンピックス日本・栃木(宇都宮市)
【サブ助成】
特定非営利活動法人 トチギ環境未来基地(芳賀郡益子町)
もてぎ里山らいふプロジェクト(芳賀郡茂木町)
特定非営利活動法人 ワーカーズコレクティブたすけあい大地(小山市)

関連情報