2017年04月13日 社会貢献の取り組みトピックス

花王ハートポケット倶楽部 「みらいポケット基金」2016年度決定の助成先を迎えて贈呈式を開催

2月16日、花王本社(東京都中央区日本橋茅場町)にて、花王ハートポケット倶楽部「みらいポケット基金」2016年度助成決定の目録贈呈式を開催しました。

社員参加型の活動「花王ハートポケット倶楽部」

花王グループ社員による寄付組織の「花王ハートポケット倶楽部」は、倶楽部の趣旨に賛同する社員が給与天引きで積み立てた基金を、災害時緊急支援や事業場地域である栃木・和歌山・茨城地域の市民活動を応援する地域助成などに役立ててきました。活動を開始した2004年から、551件の寄付をさせていただきました。

2013年には、1件あたりの上限を拡げた大型の助成プログラム「みらいポケット基金」を新設しました。
この助成では、団体の国内外の活動のステップアップとして、規模の大きい活動を支援しています。
選考にあたっては、書類審査の第一次選考を通過した団体による活動のプレゼンテーションを第二次選考会で行ない、選考を行なう会員を代表する運営委員と真剣に質疑応答を重ね、慎重な審議を経て6団体を選出します。選考会であがった意見を団体へフィードバックすることで、より質の高い支援活動につなげ、社会へインパクトを与えられることをめざしています。

団体による活動プレゼンテーションの第二次選考の様子 団体による活動プレゼンテーションの第二次選考の様子

2016年度は、昨年12月6日に開催された第二次選考会において、6団体への助成を決定しました。

贈呈式では社員と助成先団体が交流

2月16日には、助成を決定した6団体に来社いただき、運営委員代表より助成決定の目録を送る贈呈式を行ないました。贈呈式後には、2017年度の運営委員との交流の機会をもちました。
参加団体の方からは、「有意義な意見交換となり、社員の皆さまからのご寄付とご意見を大切に活動していきます。」といった感想をいただきました。
運営委員にとっては、団体とのコミュニケーションを通じて活動の背景を知る機会となっており、今回の意見交換を自身の業務や倶楽部の活動に活かし、引き続き、よりよい社会づくりに向けた活動に貢献してまいります。

【2016年度助成決定団体と助成事業】
●社会福祉法人 カリヨンこどもセンター
(シェルター、自立援助ホームから巣立つ子どものためのシェアハウス開設事業)
●特定非営利活動法人 ウォーターエイドジャパン
(インド マディヤ・プラデシュ州の母子保健センターを通じた月経衛生管理プロジェクト)
●特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
(アフガニスタン・ピースアクション!平和教育と地域住民による平和の取り組み支援プロジェクト)
●特定非営利活動法人 ACE
(ガーナのカカオ生産地で児童労働をなくし教育を支援する「スマイル・ガーナ・プロジェクト」)
●公益社団法人 チャンス・フォー・チルドレン
(国内の貧困世帯の子どもへの学校外教育バウチャー提供事業における「社会的インパクト評価」プロジェクト)
●特定非営利活動法人 テラ・ルネッサンス
(ウガンダ北部における元子ども兵社会復帰支援プロジェクト)

助成団体の皆さま。 助成団体の皆さま。

関連情報