2015年06月15日 環境・安全への取り組みトピックス

ピリピナス花王(フィリピン)が環境賞を受賞

2015年4月、フィリピンで高級アルコールや産業用化学品を生産しているピリピナス花王が、フィリピン政府が顕彰する「環境賞(PEZA Environmental Performance Award)」を受賞しました。
授賞式は、4月23日に首都マニラで開催されたPEZAが主催する晩餐会で行なわれ、アキノ大統領よりトロフィーを拝受しました。

ピリピナス花王において環境改善活動を推進

PEZAとは「Philippine Economic Zone Authority」の略で、大統領が輸出経済特区として宣言した地域内にある企業に対する運営支援を行なう政府機関です。外資誘致策として1995年に始まり、現在では経済特区300カ所、企業数は3,500社に達しています。

PEZAでは、環境賞として環境に対する取り組みに優れた企業を毎年数社表彰しており、今年はピリピナス花王を含む3社が受賞となりました。審査基準は、1)環境マネジメントシステムの導入と運用、2)省エネなどの環境対応での改善実績、3)環境規制に対する法令順守、4)環境保護への取り組み、などの点になります。

授賞式の様子 授賞式の様子

ピリピナス花王は2001年にPEZAの認可を受け、ヤシ油などを原料として高級アルコール等の生産供給を行なっています。
2014年には、前年に対してボイラー設備で使用する燃料油を15%削減、各設備での電気使用量を26%削減したことにより、全体で約5%のCO2削減につながりました。また、CSR活動として行なっているマングローブ植樹、海岸清掃活動などの環境保護プロジェクトの取り組みなども評価されました。
今回の受賞は、こうした省エネやCO2削減の改善実績、環境保護プロジェクトへの取り組みと実績が評価されたものです。

ピリピナス花王 環境・安全チームのメンバー ピリピナス花王 環境・安全チームのメンバー

ピリピナス花王は、今後も持続可能な社会に貢献できるよう環境に対する活動を継続し、さらなる発展をめざしてまいります。