2012年03月09日 環境・安全への取り組みトピックス

ファティケミカル(マレーシア)社がハイビスカス賞を2回連続で受賞

2012年1月、マレーシアで高級アルコールやグリセリンなどのオレオ製品を製造しているファティケミカル(マレーシア)社が、マレーシアの国家環境賞である「ハイビスカス賞」(Prime Minister's Hibiscus Award)を受賞しました。

マレーシアにおける環境改善活動の発展をめざして

「ハイビスカス賞」は、マレーシア国内のすべての分野の企業を対象として、優れた環境改善活動を行なっている企業を2年おきに表彰し、その活動を国レベルで証明するもので、今回の受賞は前回に続き2回目になります。
受賞した企業は、その証として、マレーシアの国花であるハイビスカスの花をモチーフにしたロゴを、企業活動で使用することができます。

今回の受賞は、ファティケミカル社を代表とする、花王ソープ、花王オレオケミカル、花王プラスチサイザーの、ペナン州を拠点とする花王グループ4社が、環境改善活動を継続的に行なうための組織やシステムを装備し、日々の活動において確実に環境改善に取り組んでいることが、マレーシアの環境改善につながっていると評価されたことによるものです。

授賞式の様子。 授賞式の様子。

具体的には、ボイラー燃焼用のエアー流量を濃度センサーにより調整することで、天然ガスの使用量を削減したことや、ボイラー熱の回収設備のさらなる拡張、4R(Reduce、Reuse、Recycle、Recovery)を継続的に実施することで廃棄物がさらに削減できたことが評価につながりました。

授賞式は、首都のクアラルンプールで開催されました。400名を超える盛大な式典では、優秀な環境改善活動を行なっている23の企業に対して、副首相および資源・環境相より、個々に賞状と盾が授与され、花王グループ4社を代表して、ファティケミカル(マレーシア)社の田端工場長が出席しました。

前回に引き続き、2回連続で受賞。左側が今回授与された盾。 前回に引き続き、2回連続で受賞。左側が今回授与された盾。

ファティケミカル社、花王ソープ、花王オレオケミカル、花王プラスチサイザーは、今回の受賞を励みとして、今後も日々の環境改善活動を継続し、さらなる発展をめざしてまいります。