「日中グリーンエキスポ2011」に出展しました

「日中グリーンエキスポ2011」に出展しました

2011年6月1日(水)~6月3日(金)の3日間、中国ナショナルコンベンションセンター(中国・北京市)において、「日中グリーンエキスポ2011」が開催され、花王グループの花王(中国)投資有限公司が出展しました。

この展示会は、「省エネ、省資源、エネルギーの有効活用」をテーマに、日本、中国双方の、環境に関する技術革新や産業の発展を強く推進することを目的として開催され、中国政府や両国の企業など総勢92団体が参加しました。

花王グループは2009年6月に「環境宣言」を発表し、環境視点での企業活動に積極的に取り組んでいます。また、そのテーマとして“いっしょにeco”を掲げ、原材料調達や生産、物流、販売、使用、廃棄など、製品がかかわるサイクルの中で、消費者をはじめさまざまなステークホルダーの方といっしょに実行できる、よりecoな方法を提案しています。

花王の展示ブースでは、花王グループを紹介するとともに、花王(中国)が“いっしょにeco”をテーマに中国で取り組んでいる環境活動の事例を、パネルや映像、製品の展示をとおしてご紹介しました。

<主な展示内容>
・家庭用製品、ケミカル製品の各生産工場(上海)における、省エネルギー、廃棄物削減への取り組みのご紹介
・衣料用液体洗剤「アタック瞬清」や超薄型生理用品「ロリエ」などの家庭用製品、植物由来樹脂「ECOLA」(エコラ)などのエコケミカル製品のご紹介

花王の展示ブースには、3日間で約1,500名の多くの皆さまにお越しいただきました。
なお、3日目には、展示会に併催の専門セミナーにおいて「環境調和型改質ポリ乳酸樹脂の開発」と題して、植物由来樹脂「ECOLA」(エコラ)に関する花王の環境技術について口頭発表を行ないました。
ご来場の皆さまには、花王グループの中国での事業展開、花王(中国)の環境への取り組みをご理解いただくよい機会となりました。

ブースにお立ち寄りいただいた方々に、花王(中国)の環境への取り組みを説明。 ブースにお立ち寄りいただいた方々に、花王(中国)の環境への取り組みを説明。

花王グループの使命は“よきモノづくり”を通じて中国をはじめとする世界の人々の豊かな生活文化の実現に貢献することです。今後も製品を通じて“CO2の削減”など地球環境の保全に真摯に取り組み、皆さまと “いっしょにeco”の活動を推進してまいります。

関連情報