COP10併催の「生物多様性交流フェア」に出展しました

花王の生物多様性保全への取り組みを紹介

花王は、10月23日から29日の7日間、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)で併催された「生物多様性交流フェア」(於:愛知県名古屋市)に出展しました。同フェアは、国内外の政府や自治体、市民、NGOやNPO、学術団体、企業などの多様な人々が一堂に会し、生物多様性に関する取り組みや課題を持ち寄って交流する場であり、200を超える団体が参加しました。

花王はこのフェアで、2009年6月に発表した「花王 環境宣言」や、具体的な活動として、「節水・コンパクト型洗剤の開発」「持続可能な原材料の調達」「生物多様性支援プログラム:花王・教員フェローシップ」などの、生物多様性の保全につながる取り組みに関する展示を行ないました。

国内外から政府やNPO、企業など多様な人々が参加した「生物多様性交流フェア」 国内外から政府やNPO、企業など多様な人々が参加した「生物多様性交流フェア」

花王の出展ブースには、多くの方にご来場いただき、約1300名の方々と直接対話をすることができました。
特に、「節水型・コンパクト型洗剤『アタックNeo』の開発」については、生物多様性にも配慮した商品と、大変高い評価をいただきました。また、ココヤシやパームヤシは多くの来場者の関心を集め、今回の展示を通じて、花王が9月に購入を開始したRSPO* (持続可能なパーム油に関する円卓会議)認証パーム油など、環境や社会に配慮した原材料調達の取り組みについて理解を深めていただきました。

ココヤシやパームヤシに関心が集まった花王の出展ブース ココヤシやパームヤシに関心が集まった花王の出展ブース

花王は、今後も生物多様性の保全に継続的に取り組むと共に、このような、お客さまと交流できる機会に積極的に参加するよう努めてまいります。


* Roundtable on Sustainable Palm Oil

関連情報