環境宣言

2009年6月、花王は「環境宣言」を発表し、原材料調達から生産、物流、販売、使用、廃棄までの、製品がかかわるライフサイクル全体を通じて、消費者をはじめ、ビジネスパートナーや社会など、さまざまなステークホルダーの皆さまと協働で「いっしょにeco」を推進していくことを表明しました。

この宣言の背景には、地球温暖化や資源の枯渇、生物多様性の損失という、地球規模での課題に人類が直面しているという状況の中、花王が、中・長期的な経営戦略として「環境への負荷低減をベースとしたモノづくり」を進め、化学物質を取り扱う企業としての責任を果たしながら、自然と調和するエコロジー経営を推進すべきだという基本方針があります。

花王の製品の多くはご家庭で日常的に使っていただく製品です。つまり、ライフサイクル全体でCO2排出量や水の使用量を削減していくためには、お客さま、ビジネスパートナー、また社会全体といっしょになって取り組むことが必須となることから、さまざまなステークホルダーとの「いっしょにeco」を活動のテーマとしています。

環境分野の総合研究開発拠点として、2011年6月にエコテクノロジーリサーチセンター(ETRC)を開設しました。

花王は、エコロジー経営を具現化するための、次世代環境技術の開発にも積極的に取り組んでまいります。