Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

子どもにも使える紫外線防止剤って?

子どもの肌はデリケートなので、皮膚への刺激を考えて紫外線吸収剤無配合や紫外線吸収剤を含んでいても、皮膚に影響を与えないように工夫したタイプのものを選ぶことをおすすめします。

さらに、現在では、無香料・無着色・アルコールフリーというような低刺激の紫外線防止剤や、子ども用に安心な原料を用いて作られた紫外線防止剤なども発売されていますので、それも選ぶ際の目安になるでしょう。

また、「アレルギーテスト済み」と表示された製品でも、すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。腕の内側など目立たない部分にあらかじめ試しぬりをして、お子さんの肌に合うかどうかを確認してから使うようにしましょう。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...