Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

紫外線防止剤にはどんなタイプがあるの?

紫外線防止剤には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2つのタイプがあります。これらの防止剤は、製品によってどちらか一方、もしくは両方が含まれています。

紫外線吸収剤は、肌に浴びた紫外線を一度吸収し熱エネルギーに変えて放出させます。ただし、化学反応によって成分構造自体が変化することもあるので、皮膚のたんぱく質に反応して、肌への刺激になることもあります。しかし、最近では、紫外線吸収剤が直接皮膚と接しないように工夫されたタイプも開発されています。ぬった時に白うきしないのがメリットです。

一方、酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤は、紫外線を反射させることで紫外線を防止します。乾燥性敏感肌の方には紫外線散乱剤が低刺激であるため安心といわれています。しかし、紫外線散乱剤自体が紛体であることが多く、使用した際に白うきしやすい、という欠点もありますが、最近では紫外線散乱剤の形状が工夫されて白うきしにくいものもあります。

これらの中で、ご自身の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。



Check Share to Facebook Share to Twitter More...