Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

赤ちゃんと入浴する時の注意点は?

赤ちゃんの入浴は肌の汚れをきれいに落とすために必要です。
入浴の時に注意する点は、温度設定です。
風邪をひかないように、温度を高くすると、大人より体温の高い赤ちゃんには負担です。
赤ちゃんと一緒に入浴する時には、ママの羊水の温度と同じ37~38℃位の温度を目安にしましょう。

また、肌が乾燥しがちな赤ちゃんには、さら湯で入浴するよりも、保湿成分(例えばセラミドなど)が配合された入浴剤を入れて入浴させると全身の保湿ケアが簡単にできるのでおすすめです。
なお、温泉成分の入った保温作用のある入浴剤は、必要ありません。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...