Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

皮膚のバリア機能はどのように保たれているの?

「セラミド」が、皮膚のバリア機能にとって最も重要な要因のひとつであると考えられています。
「セラミド」の性質の一つに、セラミド自身は脂質なのに水分と結びつく、というものがあります。本来ならば、0度で凍ってしまうはずの「水」ですが、その水を大量に蓄えた私たち人間が、気温マイナス40度の場所に行っても凍らずにいられるのは、角層にある「セラミド」が水の分子をしっかりと固定し、つなぎとめているからです。

この蒸発したり凍ったりしないという"状態が変わらない水"は「不凍水」と呼ばれます。皮膚の中で潤いを保つ成分はアミノ酸など様々にありますが、不凍水をつなぎとめられるのは「セラミド」だけです。「セラミド」が不足すると、角層中の不凍水が少なくなり、水分が蒸発しやすくなります。

「セラミド」は皮膚のバリア機能にとって重要な働きをしているのです。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...