Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

皮膚(肌)の潤いはどうやって保たれているの?

皮膚の潤いは、主に角層の周辺にある「皮脂」「NMF」「セラミド」の3つの要素で保たれています。

1.皮脂
皮膚を覆って体内の水分の蒸発を防ぎ、角層の水分を一定に保つ働きをする「油の膜」のようなものです。

2.NMF
「天然保湿因子」と呼ばれ、アミノ酸を代表とする「水となじみやすい性質を持つ物質」のことです。このNMFが細胞の中で水分を保っています。

3.「セラミド」
細胞間脂質の半分以上を占める「セラミド」は、主に細胞と細胞の間で「水をしっかりとつかまえる」役割と同時に、細胞同士をつないで、外的刺激の侵入を防ぐ役割をしています。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...