Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

頭皮・髪に負担をかけない乾かし方は?

1.

タオルドライをする
すっきり洗った後、水をきります。タオルで髪を包みこむようにしてやさしくたたき、十分に水気をとります。

次にタオルを髪全体にあて、指のはらでマッサージするようにして頭皮の水をふきとります。ゴシゴシふくと髪・頭皮にも負担をかけるので、気をつけてください。

2.

ドライヤーをする
風量の強いドライヤーで短時間に乾かします。
少し離し(15~20cm)、一箇所にドライヤーの熱が頭皮に当たらないようにします。


【上手な乾かし方のポイント】

髪より根元を乾かす事が大切です。以下の順序で乾かしましょう。

1.

まず根元に手を入れて。

2.

次に内側に手を入れて髪の中間から毛先を揺らしながら。

3.

8割程度乾いたら最後に表面を。根元から毛先まで手ぐしを通して整えます。


【ドライヤー熱による髪の表面温度の変化】

15cm~20cm離すことで髪に当たるドライヤーの熱は下がります。過度の熱風は頭皮や髪のダメージになりますので、ドライヤーを近づけ過ぎないようにすることが大切です。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...