研究開発拠点

広く世界の人々に、そして幅広い産業分野への貢献をめざして、
グローバルに連携する、研究開発体制

花王グループは、事業のグローバルな広がりに伴い、アジアやアメリカ、ヨーロッパにおいても、高付加価値商品を継続して生み出すための研究開発活動を、積極的に推進しています。

コンシューマープロダクツ分野では、各地域の人々の変化する生活習慣や肌や髪質の違いなどを探索し、そうしたニーズに応える商品開発研究に取り組んでいます。一方、市場そのものがグローバルに広がる、ケミカル製品分野では、花王独自の基盤技術に基づいた多様な製品を、積極的に世界の産業界に向けて展開しています。